入れ歯|鴻巣市・行田市の歯医者 - 大本歯科医院

入れ歯

入れ歯

「しっかりした入れ歯」「良質な入れ歯」「よく噛める入れ歯」「痛くない入れ歯」「落ちない入れ歯」「美しい入れ歯」「自然な入れ歯」。このような入れ歯をご希望の患者様へ。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

入れ歯の材質

チタン床義歯

入れ歯の重要な部分にチタンを使用します。薄くて、軽くて、丈夫な入れ歯ができます。

現在、当医院において最も上質な入れ歯になります。

食事がおいしくいただけ、お話もしやすく会話もはずみます。見た目も自然で美しい仕上がりとなります。

コバルト・クロム床義歯

チタンの代わりにコバルト・クロム合金を使用します。チタン床義歯に準じますが、チタンに比べて重く、厚くなりますが、保険の入れ歯に比べて、食事がおいしくいただけ、お話もしやすく会話もはずみます。

見た目も自然で美しい仕上がりとなります。

エステティックデンチャー

部分入れ歯の金属のばねの部分を目立たない歯肉色の弾性のある素材で製作します。保険の部分入れ歯に比べて、しっかりとした装着感、使用感です。さらに見た目に自然で美しい仕上がりになります。

おわりに

上記入れ歯は長持ちします。実際に訪問歯科診療で診察したとき、上記入れ歯、特にチタン床義歯、コバルト・クロム床義歯は高齢になってもずっと使われています。(保険義歯のような明らかな劣化が見当たりません。)